人でつながる群馬の就活
キャリコロゴCARICO
学生の声 鈴木 啓太さん

本当の安定について考えるきっかけになった

高崎経済大学 鈴木 啓太さん
取材者:キャリコ代表 小圷 琢己
キャリコへ参加するにあったって不安はありましたか?
カジュアルな就活イベントに参加したことがなく、馴染みがなかったので、最初は不安でした。
参加した結果「就活塾」みたいな印象はありましたか?
全然そんな雰囲気ではなく、とても和やかな感じでした。社会人の方も優しかったので、初めてでも大丈夫でした。
今回は経営者が多かったですけど、緊張しましたか?
普段から経営者の方とお話する機会がなかったので緊張しましたが、徐々に慣れて色々質問できるようになり、経営者の目線からの考え方を知ることができて、とても勉強になりました。
経営者以外の人の話はどうでしたか?
社会人の方というだけで緊張しましたが、とても優しく会社のこと、就活のことを教えていただき、包み隠さず色々なことを知ることができました。
お酒は結構のみましたか?
車だったので、ノンアルコールでした。周りにもノンアルの方もいらっしゃったので、気にならなかったです。
酔っていた社会人はいましたか?
酔っている方はあまりいませんでした。みなさん、酔っていてもほろ酔いくらいで色々話してくれました。
魅力的な社会人はいましたか?
いました。経営者はもちろん、社会人の先輩の話は学生が考える視点とは違い、とても勉強になりました。みなさんかっこいいなと思うことができました。
どんな人がいた?
人事の方から、経営者まで経営に近い方も結構いました。面白い方も多かったので、緊張せずにお話することができました。
キャリコに参加してみて、社会人像は変わりましたか?
一社会人という一面と言うよりも、一人の人としてお話くださる方が多く、面白かったです。今までは、バリバリ仕事をこなす人だらけだと思っていて、恐怖に感じていましたが、楽しく仕事やろうよとか、今までの社会人像にはない面白い方と話して、仕事に対する見方が変わり、早く社会に出てみたいと思うようになりました。
キャリコに参加するメリットは?
社会人慣れできるところだと思います。一回だけではなく、複数回参加することで社会人の方とお話する練習ができます。そうしておいたことで就活解禁して、他の企業で人事の方と面接しても、必要以上に緊張せずに面接することができました。緊張しやすい自分にとっては、そこがありがたかったです。
もっと早くからキャリコに参加しておけばよかったですか?
思いました。学生の段階では、バイト先の社会人くらいしか関わることがなく、あまり社会人とお話する機会がないので、そういった意味で面接で緊張しないように社会人慣れする場としても、もっと早くから参加しておけばよかったと感じました。
企業を選ぶ上で大切にしていることはありますか?
社員さんの雰囲気と社風です。仕事の悩みの大半は、職場の人間関係と聞いたことあるので、楽しく働けるように社員さんの雰囲気と社風を大事にして、就活してきました。
キャリコの中で印象に残っていることはありますか?
主催の小圷さんが最後にお話してくださった「柳生家の家訓」小才は縁に逢って縁に気づかず、中才は縁に逢って縁を活かさず、大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす。というお話を聞いて、社会人の方と知り合った縁を活かそうと思い、色々な方とお話させていただきました。そのおかげで、就活で困ることは少なかったです。困っても、社会人の方に相談できたので、そのきっかけになった「柳生家の家訓」のお話が印象に残っています。
社会人とお話した中で印象に残っていることはありますか?
自分のやりたいことが明確になったことです。自己分析や他己分析は何度もしてきましたが、自己分析で得たなんとなくの目標を話したところ、それについて深掘りしてもらったことで、自分がやりたいことに気づき、やりたいことが明確化できたので、印象に残りました。明確化したことで、ESもより具体的に書けるようになり、就活がスムーズに進みました。
キャリコの参加する前と参加した後での心境の変化はありましたか?
キャリコに参加する前は、就活と社会人に対して、すごくビビってました。あまり関わる機会がなかったので、すごく大人に見えて、社会人になることが怖かったです。しかし、キャリコに参加してみて、社会人とお話ししたことで、社会人が未知の存在ではなくなり、社会人慣れできました。そうなると、社会人の方が身近に思えて、必要以上に緊張しなくなりました。
キャリコを友達や後輩に紹介したいと思いましたか?
はい。学生同士でいつもつるんでいるのは、楽しいけど、いざ就活本番!ってなると、何したらいいかわからない。って状態に陥っている友達も結構いました。なので、学生同士だけではなく、社会人の方とお話して、色々な方の視点だったり、経験を知った方がいいと思うので、紹介したいと思いました。実際に紹介で参加した友達も、きてよかったと言ってました。
キャリコを通して、何か就職活動などはしましたか?
はい、関わりたい事業内容の会社で、社員さんや経営者の方と話して、インターンさせていただきました。とても勉強になるインターンで今までの中で一番参加してよかったインターンでした。
就職活動をする上で、キャリコに参加する意味はどんな意味があると思いますか?
もちろん、志望の企業がいれば、その企業の方とお話する機会にいいと思いますが、もし事前に志望企業がなくても、練習にもなるし、話すことで志望企業になることもあると思うので、とりあえず参加してみるだけでも面白いと思います。
どういう方にお勧めできるイベントだと思いますか?
就職活動に悩んでいる人はもちろん、インターンを探している1〜3年生や、経営者の方ともお話できるので、起業志望の学生もいいと思います。
なぜ、そういう方にお勧めできると思いましたか?
キャリコという場は、必ずしも面接をしなければいけない場ではなく、どちらかといえば、自由な場だと感じ、自分のやりたいことを企業の人に話したり、就活の不安を打ち明けることができたりする場でした。そこからアドバイスもらえる機会も多かったので、起業志望の学生が先輩の経営者と話す場としても活用できると思ったので、そう思いました。
何社くらいの方とお話されましたか?
自分は複数回参加したので、10社以上の方々とお話させていただいたと思います。数多くの企業の方とお話することで、各企業の特色、文化に触れることができました。これは、多くの企業と話し、比較することでしかわからないと思うので、貴重な経験ができました。
友だち追加
キャリコの公式LINEです。最新イベント情報をお知らせ致します。またキャリコに関する質問や就活に関する相談も受け付けています。
Follow me